株式会社アイエスエイ、シンガポールに子会社を開設

株式会社アイエスエイ、シンガポールに子会社を開設

国内・海外教育研修や留学・ホームステイなど、グローバル教育支援に取り組む株式会社アイエスエイ(東京都港区、代表取締役 倉橋 勝)は、2019年4月1日にアイエスエイグループのアジア拠点となるアイエスエイ シンガポール(正式名称:ISA (SG) Pte. Ltd)を開設いたしました。

アイエスエイグループの海外拠点は、子会社であるGPI-US、GPI-NA(Global Partners Institute North America)、アイエスエイ オーストラリア(ISA Australia)、提携団体としてオーストラリア国際交流協会(AIIU)、ニュージーランド国際交流協会(NZIIU)、ヨーロッパ国際交流協会(CHE)、アメリカ・カナダ国際交流振興会(GPI)があり、この度、開設したアイエスエイ シンガポールは子会社として4ヶ所目、アジア戦略の強化を目的とした拠点です。

アイエスエイ シンガポール開設の背景

アイエスエイは1970年の創立以来、「留学」を教育の1つとして捉え、学校や省庁、行政機関と共にのべ40万人以上の子ども達に国際教育の機会を提供してきました。近年、日本の学校教育を取り巻く環境の変化は著しく、グローバル社会で活躍する人材の育成が大きな課題です。

さらに、10年先を見据えた時に世界最大の経済圏は欧米からアジアに移行するとの予測もある中で、アジアとのつながりを強め、切磋琢磨できるようなスキルやマインドを持った人材の育成に国際教育の一端を担う企業として貢献するため、子会社の開設にいたりました。

アイエスエイ シンガポール 今後の展開

この春、アイエスエイが小学生・中学生・高校生を対象に、異文化体験を主な目的に展開している「チャレンジホームステイ」をシンガポールで初めて実施。3月24日に日本の中高生27名がシンガポールに出発し、シンガポール国立大学で現地学生とのグループワークやプレゼンテーション、様々なアクティビティを通じて文化や習慣の違いを肌で感じてきました。

今後は、アジアの中心拠点としてベトナムでも行っている日本との相互の中高生の受け入れや、中国、フィリピンで実施している教育旅行もスタートしてまいります。皆様のさらなる挑戦をお待ちしています。

アイエスエイ シンガポール概要

正式名称 ISA (SG) Pte. Ltd.
住  所 20 Collyer Quay #23-01 Singapore 049319
現地法人社長 齋藤 貴臣(さいとう たかおみ)

◆ISAについて

株式会社アイエスエイは1970年の設立以来、「グローバルな学習体験を通して、すべての子どもの未来を拓きます」という企業ミッションを掲げ、留学やホームステイ等の国際教育の一端を担い続けています。これまでにアイエスエイの海外研修、および国内英語研修プログラムに参加された方の数は延べ40万人。アイエスエイは、第1種旅行業(観光庁長官登録旅行業第256号)に登録されていますが、一般の国内・海外旅行(観光)は取り扱っておりません。留学や国際教育に特化した教育旅行の専門会社です。

【株式会社アイエスエイ】

本社 東京都港区港南1-6-41 品川クリスタルスクエア10F
代表 倉橋 勝
設立 1970年9月26日
事業内容 海外及び国内教育研修・長期留学、海外大学進学サポート、学校教育イノベーション支援、e-ラーニング
URL https://www.isa.co.jp/

参照:https://www.isa.co.jp/