中国人が困る日本のマナーや習慣に関する調査

中国人が困る日本のマナーや習慣に関する調査

【調査結果トピックス】 ■「初来日時に日本のマナーや習慣に戸惑った」と日本に住む中国人の約6割が回答 ■ 訪日を検討している中国人の約8割が日本でのマナーや習慣を気にしていることが判明 ■「エスカレーターの立ち位置がわからない」や「飲食店での冷たい水に戸惑った」などの意見も ■「中国の知人家族から日本の情報を聞かれた経験がある」と日本に住む中国人の約9割が回答

【調査内容】

中国人が困る日本のマナーや習慣に関する調査 「初来日時に日本でのマナーや習慣について人に尋ねたことがあるか」という質問に対して、約半数の45.8%の人が「あてはまる」と答えました。「ややあてはまる」と答えた人とあわせると、75.7%の中国人が初来日時に、日本のマナーや習慣について人に尋ねた経験があることが判明しました。訪日中国人のマナーについて注目が集まる一方で、訪日する側の中国人自身も、日本でのマナーや習慣を気にしており、日本式のマナーや習慣について身近な人に相談していることがわかりました。 中国人が困る日本のマナーや習慣に関する調査 さらに、「日本のマナーや習慣について、地元から来る友人や家族から尋ねられたり、あなたご自身が困った・気になった経験があるものは」という質問に対しては、約半数の48.9%の人が「温泉・浴場に入るとき」と答えました。また、「エスカレーターの立ち位置がわからない」や「飲食店での冷たい水に戸惑った」などの意見もあり、様々なシチュエーションでのマナーや習慣について関心が高いことが判明しました。 中国人が困る日本のマナーや習慣に関する調査

【考察】

今回、日本に住む中国人を対象に日本のマナーや慣習について調査を行い、日常的なシーンから意外な場面まで、日本のマナーや習慣に戸惑う中国人の意識が顕在化されました。日本で注目を集める訪日中国人のマナーや習慣については、訪日する側の中国人自身も、日本でのマナーや習慣を気にしており、また日本式のマナーや習慣について身近な人に相談していることがわかりました。 このような中国人のマナーや習慣についての関心の高まりを活かし、日本式のマナーや習慣を知ってもらう機会を提供していくことが重要であり、中国人目線を取り入れたインバウンド対策が必要とされていることもわかりました。 オズマピーアールでは、日本にいる外国人を情報起点として活用し、海外に日本の情報を発信する「在to外(https://ozma.co.jp/zaitogai/)」フレームを開発し、さまざまなインバウンド課題を解決しています。日本とグローバル両方の視点を盛り込んだコミュニケーションが可能で、海外の潜在日本興味層にリーチすることが可能です。

会社概要

名称 株式会社オズマピーアール
URL https://ozma.co.jp/
業種 サービス業
本社所在地 東京都千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋 新館
電話番号 03-4531-0229
代表者名 八田 祥孝
上場 未上場
資本金 2100万円
参照:http://ozma.co.jp/globalcommunication/news-20190722/ ]]>

インバウンド対策をするならインバウンドプロ

インバウンド対策をするならインバウンド対策業者を探せるサイト
\インバウンドプロ/