Gengo
マシュー・ロメイン    共同創業者・社長(写真左)

1979年米国生まれ。ブラウン大学卒業後、スタンフォード大学で修士課程に入学。修士後、オーディオ関連エンジニアとしてソニーに入社。退職後、受託業務をメインにするウェブ制作会社を立ち上げる。2008年12月にクラウド型の人力翻訳プラットフォームGengoをローンチ。2009年6月に株式会社Gengoを設立。現在CEOを務める。

世界中の翻訳者に依頼できるプラットフォームGengo

米国人の父と日本人の母との間に生まれ、日本や米国などで暮らしてきた私は、言語の壁にとらわれず、誰もが様々な国な人とコミュニケーションを円滑におこなえるように仕組みを作れないものかと考えました。クラウド型の人力翻訳プラットフォームGengoのサービスはそんな思いから誕生したものです。

Gengoはオンラインで24時間翻訳者に仕事を依頼できるクラウド型のプラットフォームです。2万人以上ののプロの翻訳者が世界のほぼ全ての時間帯をカバーしているので、翻訳量にかかわらず、必要なコンテンツに柔軟に対応できます。

また、2018年3月には自然言語処理のAI開発に必要な学習データを作成・編集する新サービス「Gengo AI」の提供を開始しました。現在、Gengo AIのサービス名とロゴは変わりまして、Lionbridge AIとしてAI学習データを提供しています。

Gengo Gengo Gengo

スピードと柔軟さを武器に、大手のクライアントも多く利用

弊社の強みは翻訳の品質、速さ、そして安さです。私たちが追求しているのは、翻訳してもらいたいときにすぐに誰かが翻訳してくれる使い勝手のよさです。Gengoのプラットフォームは37ヶ国語と71言語ペアに対応しています。

数時間以内に翻訳着手も可能で、短い文章なら更に高速です。一文字から数百万字以上まで、上下に発注ボリューム制限が無いのも特徴です。

当社のクライアントは、以下のような会社様です。大手を中心に、様々な業界・規模の会社様にご利用をいただいています。

  • 東洋経済オンライン様
  • Tech in Asia Japan様
  • ジャパン・トラベル株式会社様
  • 株式会社JTBビジネスイノベーターズ様
  • 株式会社パルコ様

こちらのページにも詳細を記載しています。
https://gengo.com/ja/customers/

1文字5円〜、カジュアルな翻訳から専門文書まで幅広く対応

標準レベルの翻訳サービスは、1文字5円から提供しています。標準レベルの翻訳サービスは社内メールやSNSの投稿文など、割とカジュアルなコンテンツにお勧めします。ビジネス用のプレゼンテーションやWebコンテンツなど、より高い正確性がにつような文章には、プレミアムレベルの翻訳サービスをお勧めします。プレミアムレベルの翻訳サービスは1文字9円からご利用いただけます。

Gengo

https://gengo.com/ja/pricing-languages/
▲Gengoのwebサイト。原文と翻訳先の言語をしていするだけで簡単に見積もりが可能。

クライアントとして特に多いのは、、ネットコマース(EC)、旅行サイト、メディアサイトを運営されている企業様です。

商品説明ページや顧客アンケートなど、大量の情報をスピーディーに翻訳する場合は当社の強みが活きる場面です。またGengoでは独自のAPIを提供しています。それら使って字幕ソフトウェアを作成したり、Gengoのパートナーに翻訳を依頼したり、様々な形でGengoの翻訳を利用いただいています。

会社情報

会社名 株式会社Gengo
代表 マシュー・ロメイン
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-11 祐真ビル新館8F
URL https://gengo.com/ja/

バウくんのひとことメモ

バウくんGengoさんは、ここ5年でいっきに知名度を伸ばしている会社バウ。

少額案件でもスピード対応してもらうことができるので、まずは気軽におためし利用をしてみてから、大きな発注をお願いする使い方もおすすめバウよ。

インバウンド対策をするならインバウンドプロ

インバウンド対策をするならインバウンド対策業者を探せるサイト
\インバウンドプロ/