英会話アプリ ネイティブキャンプ英会話「都道府県教材 高知県」公開

株式会社ネイティブキャンプの運営するオンライン英会話アプリ「ネイティブキャンプ英会話」は高知県を英語で案内する「都道府県教材 高知県」を公開した。

開発背景

ネイティブキャンプ英会話は日本人が自分の出身地以外の都道府県も英語で紹介できるように、日本各地の特色やアピールポイントをオリジナル教材としてリリースする「おもてなし100プロジェクト」を発足。多くの訪日外国人が見込める2020年のオリンピックまでに100箇所分に該当する100種類の教材の作成を予定している。

今回公開した「都道府県教材 高知県」は、代表的な「坂本龍馬」「かつおのたたき」はもちろん、高知市で約300年前から続く毎週日曜日に開催されている青空マーケット「日曜市」や四国三大祭りの1つ「よさこい祭り」、フランスのジヴェルニーのモネの庭園をモデルに2000年にオープンした「北川村のモネの庭」などの特産品や観光名所をロールプレイを通して学ぶことができる。

今までにリリースした教材

秋田県、岩手県、宮城県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、新潟県、石川県、岐阜県、三重県、鳥取県、島根県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、長崎県、宮崎県、鹿児島県(計20種類)

ネイティブキャンプ英会話の特徴とは?

「ネイティブキャンプ英会話」(https://nativecamp.net/)は、独自のサービスで「いつでもどこでも英会話レッスン」が受講できる唯一のオンライン英会話アプリとなっている。2015年6月にサービスを開始後、およそ3年半で世界累計利用者数15万人を突破している。特徴としては以下の通りである。

  1. 97カ国の「世界中から集う講師陣」
  2. 思い立った瞬間にレッスンが可能な「今すぐレッスン」
  3. 反復学習が気軽に行える「レッスン回数無制限」

以上3点を特徴として、世界各国のバラエティ豊かな9,000名以上の講師と2,000以上の豊富な教材による英会話レッスンは累計レッスン数550万回を超え、多くのユーザーに利用されている。

株式会社ネイティブキャンプについて

ネイティブキャンプはアジアにおいて最も成長しているオンライン英会話会社のひとつとなっており、個人向けサービス・法人向けサービス・教育機関向けサービスとしてオンラインで英会話レッスンを手頃な価格で提供している。 世界各地に拠点をおき、アジア地域・ヨーロッパ地域・北米地域でオンライン英会話サービス事業を運営、その規模は急速に拡大し続けている。

本社 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-2 大畠ビル
代表者 代表取締役: 谷川 国洋
事業内容 オンライン英会話サービス事業
URL https://nativecamp.co.jp/

参照:https://www.hanaso.jp/